自己紹介

オーナーシェフ 坂東 俊

2004年岡崎市内の高校を卒業後、
茨城県の有機循環型農家「宇治田農場」にて1年間の研修・居候生活。
2丁部の畑と1000羽の鶏に囲まれた生活を送る。
2005年〜2007年秋 豊橋市内の迷?店「山猫軒」(現在は名古屋に移転)にて住み込み
2008年〜2011年 東京・南青山の薬膳広東料理店に勤務
2011年〜2013年 銀座などを中心に展開する和食店にて勤務
2013年〜2014年4月 社内新業態のマクロビ対応店舗にて勤務

子供の頃の食卓は、毎日が苦痛でした。

離婚前の両親が毎日必ず食事中に喧嘩をし、

子供が口を開くと「黙ってろ!」と怒られる。

早く食べ終わって食卓を離れること。

毎日それだけを考えていました。

そんな僕が高校に入ってバイトを始め、もらった給料で

初めてレストランに予約をして、おまかせコースを食べに行った時の

あのワクワクを、今でも覚えています。

「次は何が出てくるんだろう????」

そう期待しながら次の一皿を待ち、食べる、

その繰り返しの約3時間は本当にあっという間で

まるで一本の舞台か映画でも観ているかのようでした。

「食べるのって、楽しいんだ!!」

そんなひとときを提供できるような人になりたい。

僕の料理へのパッション・その原動力がそこにあったと気づいたのは

独立してから1年が経とうとする頃でした。

だからきっと、僕にとっての「外食」というのは

日々の食事の延長で、なんとなく空腹を満たしたり

なんとなく時間をつぶしたり、という場所ではなく

お皿の上に広がるその世界観と向き合う、特別なひとときなんだと思います。

若輩者ゆえ、まだまだ見知らぬことも沢山あります。

知って「やりたい」と思いつつも未だ実現しきれていないこともあります。

その日その日のベストを尽くし

少しでも皆様に、あの日の僕が感じたワクワクを

お裾分けすることができたらと思います。

                 坂東 俊

IMG_0180 (1)
1985年7月2日生 O型
現在、料理以外趣味が無さすぎて周りの人と
話が合いませんf^^;
「料理オタク」「変態」は褒め言葉だと思うことにしてます。
Facebookプロフィール c5797bb21c990ac8ea0f514566ffa456

<店舗情報>